• SROIの概要

    事業への投資価値を、金銭的価値だけでなく、より広い価値の概念に基づき、評価や検証を行うためのフレームワークがSROI(Social Return on Investment:社会的投資収益率)です。この指標では、社会・環境・経済面の費用と便益とを以て様々な活動による社会的インパクトを評価し、その社会的価値を適切に評価することを目指しています。

    【SROIの計算式】

    SROI(社会的投資収益率)=

    「貨幣価値換算された社会的価値」の例
    当該事業によって就労を実現した対象者が獲得した賃金、
    対象者の健康状態の改善による社会保障費や医療費の削減、税収の増加など

    「投入された社会的費用」の例
    人件費等の事業経費、◯◯など

    【SROI分析の分類】

    SROI分析はプロジェクトの実施前に行うか、実施後に行うかにより、以下の2つに分類されます。

    ・予測型のSROI分析(プロジェクト実施前)
    ・評価型のSROI分析(プロジェクト実施後)

    予測型のSROI分析の場合は、プロジェクトの実施前に分析を実施し、財務予算と同様に、社会的インパクトの想定予算を作成します。この予測型のSROI分析により、その社会的インパクトがプロジェクトの初期の目的を達成することができるかどうかといった社会的期待を定量的に分析し、またどのようなステークホルダーやプロジェクトへの投入資源やプロジェクトのプロセスがその目的の達成に寄与するかについての検討を行うことにより、効果的なプロジェクトの計画に貢献することができます。
    また、この予測型のSROI分析を行うことにより、実際のプロジェクト実施にあたって、評価の実施のためにはどのようなデータを収集することが必要かが事前に認識されることにより、事後評価として行う評価型のSROIの実施を確かなものとすることができます。

    【SROIの特徴】

    ・社会的価値の貨幣価値化
    従来のままでは貨幣価値として捉えにくかった社会的価値についても、「代理指標」を用いて貨幣価値化することで、社会的価値を含めた形で事業のパフォーマンスを把握できるようになります。

    ・ステークホルダーにもたらされた価値の可視化
    事業によって創出された価値について、事業の直接の対象者(例えばサービスの利用者)のみならず、事業に関わるステークホルダーにもたらされた価値についても明らかにします。これにより、事業がもたらした価値をより広く捉えることが可能になります。

    ・参加型評価のフレームワーク
    SROIは分析の課程に事業の直接の対象者を中心としたステークホルダーを参画させることで、分析結果の妥当性を高めます。これにはまた、各ステークホルダーにおいて、結果に対する納得感を高めたり、事業の価値の再認識につなげる意味もあります。その結果として、出資者や協働事業者、そして事業スタッフらの更なる事業への貢献につながるなどの効果も期待できます。

    カテゴリー: SROIとは, SROIの概要

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です